2008年12月14日

2016年に東京でオリンピックをするため何をしているのかよくわかる「TOKYO 2016」

ネタ元:GIGAZINE

北京オリンピックのプロモーションとして展開した『The Lost Ring』は記憶に新しいところ、オリンピックとARGの関係には今後も要注目です。

「今年が北京オリンピックなので、2大会後にまたアジア地域はありえない」という声が大半ですが、ダメだった場合2020年にも連続で立候補すると表明しているようなので、そこをにらんで今からって考え方もありだと思います。それに2014年冬季オリンピックがロシアのソチになったので、2018年にもしまた韓国の平昌が3大会連続立候補の末当選となると、そこからさらにむこう10年は日本での開催が望めなくなってしまうのですよね。そこまで考えると今しかない、って気もします。

もし2016年に東京オリンピックが開催されたら…。どんなARGが展開されることになるのでしょうか、ちょっとドキドキしますよね。
posted by 山嵐拓夢 at 04:53 | ARG関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2008-2009 山嵐拓夢 All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。